作業員

フロンは専門業者に回収してもらい適切に処理をしよう

手軽に工事費用がわかる

男性女性

経営しているマンションや自社ビルを修繕する場合、住宅のリフォームを手がける会社では対応ができない場合があります。大規模修繕工事を行なう会社に依頼することで、どのような建物でも修繕してくれます。サイトから見積もり依頼ができるほか、出張見積もりのサービスも依頼できます。

もっと知ろう

リピーターを確保できる

お店

店舗デザインを行なう会社に依頼することで、店の内装をお客さんが快適に過ごせる空間にデザインしてくれます。また、店舗デザインの会社は動線の計算も行なって設計するので、従業員も働きやすい環境で仕事ができるでしょう。

もっと知ろう

処理装置を活用しよう

メンズ

企業は、廃水や濁水処理に対して然るべき対策を取る必要があります。最近では従来のタイプよりもさらに機能的で、低コストな処理装置が登場しているので、導入することをおすすめします。

もっと知ろう

地球環境を守る

男の人

物を冷やす電化製品には、フロンは欠かせない物質です。エアコンや、冷蔵庫などに、フロンは使用されています。家庭用のエアコンであれば、サイズにもよりますが、だいたい500グラムから800グラムは入っているはずです。冷蔵庫は100グラムから300グラムは入っているでしょう。しかし、業務用のエアコンや冷蔵庫になると、さらに大量のフロンが使用されています。また、企業では工場などでもフロンを多用しています。特に製品の洗浄剤として使用されるケースが多いといえるでしょう。電化製品を使用している場合は、特に問題ありませんが、故障や買い替えなどでフロンが入っている物を廃棄するときには、注意が必要になります。フロンを回収する必要があるのです。フロンを回収せずに廃棄すると、オゾン層を破壊して、地球温暖化を招くなど、環境破壊に繋がるような問題を引き起こしてしまうのです。オゾン層が破壊されると、健康被害も影響されます。免疫力が低下しますし、皮膚がんや、白内障も増えるともいわれています。また、人間だけではなく、植物や海洋生物にも大きな影響を与えてしまうと考えられています。ほかにも温室効果ガスの影響で温暖化になることで、異常気象が発生しやすくなります。しっかりと対策をしなくてはいけないのです。ただし、企業や個人で勝手に対応することはできません。資格を持った専門業者に回収してもらう必要があります。業者は、専門の設備を通してフロンの再生や分解作業を行なうのです。これは法で定められていることになります。